ビジネスに役立つマーケティングリサーチとは

マーケティングという言葉はよくビジネス業界で使われる言葉ではありますが、具体的にどのようなものなのか理解していないという方も多いのではないでしょうか。そもそも、マーケティングと一言で言っても、その解釈は人それぞれでリサーチという意味を思う浮かべる方もいれば、広告宣伝やデータ分析といった意味だと考える方もいます。これらのものが全てマーケティングと呼ばれているのですが、結局なところどういった意味なのでしょうか。簡単に言ってしまえばお客様に買った下さいとアピールをしなくても、お客様自身が自然と商品を買いたくなるようにすることです。ですのでお客様のニーズに合った商品の開発と、適切なターゲットに向けて発信をしていくことが重要となってきます。すなわち商品が売れる仕組みを作る事がマーケティングというものになります。

マーケティングリサーチの方法と大まかな分類

マーケティングリサーチの中でもよく耳にする事のある言葉が定量調査と定性調査になりますが、定量調査と言うのは調査結果が数字で示されるものを指しています。例えばインターネットの年齢別利用者分布をパーセンテージで示すなどが定量調査にあたります。そして、もう1つの定性調査というものは数字よりも内容を詳しく調査していくことです。例えば先のほどのようなインターネットの利用者調査において、20代の女性がどのような使い方をしていて、どんなサービスがあれば良いと考えているかを、自由回答によって調査する方法になります。実際にマーケティングをしていく上では、この2つの調査を分けて行うことは難しいのですが、まずはこの2つの調査方法があるという事を理解しておきましょう。

マーケティングリサーチの具体的な方法

マーケティングリサーチの方法は様々ありますが、まずは面接調査が代表的なものとして挙げられます。面接調査の中でも最も一般的な方法が訪問面接調査になります。これは調査員が訪問をして、質問の回答を得るといった方法になりますが回収率が高く、調査の対象外が回答をしてしまうことも防ぐことができます。次に訪問するのではなく、調査対象の方に指定した場所と日時に集まってもらい、その場所で調査員が説明をしながら回答を得る方法になります。訪問面接調査よりも回答を得られる効率が良いですし、回数を重ねるごとに得られるサンプルも多くなります。次に郵送調査という方法ですが、これは調査票を郵送で送り、調査対象者は自宅で質問票を見ながらアンケートに答えるといった方法になります。他の方法よりも回収率は低くなりますが、たくさんの調査対象に調査をすることができる方法になります。