マーケティングリサーチとはどんなリサーチ?

現在の日本では、さまざまな新商品が開発され販売されています。実際に購入する消費者にとっては選択肢が増えて便利になりますが、人気のない商品は廃盤になってしまいます。人気のある商品を作るためには、消費者の求めているものを把握しそれにあった商品開発をする必要があります。しかし、商品開発をするにあたって、消費者のニーズをどのように把握していくのかが重要です。そのニーズを調べる方法がマーケティングリサーチ、すなわち市場調査です。市場調査の方法はさまざまあります。大手の企業であれば、マーケティングリサーチ会社へ依頼することもあるでしょう。専門業者へ依頼することで、より多くの消費者の意見を知ることができます。消費者は商品を購入してニーズに合わなかったからといって意見を企業に伝えることはほぼありません。そのため、企業は積極的にマーケティングリサーチを行う必要があります。

一般的な手法のアンケート調査とパネル調査

消費者のニーズを知るための方法で一般的なのはアンケート調査です。最近ではインターネットによるアンケート調査が一般的になりました。対面ではなくメールやホームページを使っての調査となるため、素直な意見を集めることができます。また、企業の所在地から遠方の消費者からもアンケートをとることができるため、幅広い市場調査ができるでしょう。次に手軽な方法としては、パネル調査と呼ばれるものです。該当で商品を試してもらい、その意見を聞いたりするものを言います。世論調査などでも使われている手法です。パネル調査のメリットは、対象者から長期間にわたりデータを得ることができますので、市場の動向を把握しやすくなります。商品の開発や新しい機能や性能を施す際の重要なヒントになるでしょう。

マーケットの動向を掴んで売上げアップ

最近はインターネットの普及で、日本から海外まで情報がとても早く伝わります。そのため、市場の動向もとても早いスピード感で移り変わります。そのため、流行やブームが爆発的に起こり、すぐに収束することが多くなりました。その時代背景から、企業側でも消費者のニーズや流行をいち早く知ることが大切です。また、ニッチな客層の中で大ヒットする商品を手がけて成功する事例もあります。市場調査をするときには、ターゲットとする客層の絞込みも大切です。年齢や性別、地域、職業などさまざま人をターゲットにするよりも、特定のターゲット層に絞ることで、コストや費用を抑えることができます。また、そのターゲットを絞り込みするためにもマーケティングリサーチが活かされます。初期投資としては費用がかかる可能性もありますが、最終的な売上げを見込んで積極的に実施したほうが良いでしょう。