マーケティングリサーチの仕組み

マーケティングリサーチとは、企業や公共機関などが顧客の需要と企業の利益を追求する企業活動のことをいいます。顧客が求めている商品やサービスを提供するために顧客のニーズを調査して、適切なターゲットに向けてアプローチすることが大切です。そこで商品開発、販売戦略の策定、広告宣伝さらには効果や検証までのプロセスを、一貫して計画して売れる(儲かる)仕組みをつくることです。市場調査はマーケティングには欠かせない調査であり、現在の市場を把握してどうすれば売れるようになるのかの企画(作戦)をたてていきます。市場調査には様々な方法がありますが、一般的には顧客の意見、事実を重視したアンケートをおこない、さらにデータを分析して顧客全体の傾向、統計、動向などを数字であらわします。

マーケティングリサーチの必要性

最近はマーケティングリサーチの必要性が高まってきていて、顧客の動向を正確に掴むためにまた少しでもリスクを回避するためますます重要になっています。顧客のライフスタイルは年齢、性別、志向性などで、好みが多様化しています。日本では少子高齢化が急速に進み人口の減少により、市場が徐々に変化して縮小してきています。デフレスパイラル等々政治、教育、医学などその範囲は広がってきています。それぞれの企業の存続のために、限られた市場の競争にもなっています。ちょっとしたズレのリスクも大きく、目的を明確にして調査計画をたてることが重要です。さらに調査結果を都合よく解釈しないためにも、外部の専門業者に発注して第三者の評価分析がとても重要になってきます。リサーチ事業の売上は全体に伸びてきていて、よりきめ細やかな分析が求められています。

リサーチ情報をいかす上での問題点

今日のマーケティングリサーチは『IT』技術の進化によって、インターネット調査が勢いよく拡大しています。しかし人間の意識、心理はバーチャルの世界では限界があり、生の声を聞き顧客のあらゆる表情を見逃さない調査員の人が人を知る地道な調査が重要なリサーチ手法になっています。リサーチの目的は2つにわかれます。事実調査と仮説調査になります。事実調査は顧客の自社に対する意見を把握して、今後の参考にするための調査です。一方仮説調査は伸び悩んでいる商品、サービスの欠点を分析して、何がいけないのかを分析する調査になります。最終的にリサーチ結果を、具体的なアクションにつながるコンサルティングに結びつけていくことです。時間とコストをかけたリサーチは、製品化、販売方法を構築する上で大きな利益をもたらします。