マーケティングリサーチの必要性を感じるとき

より良い製品を生み出しても、しっかり売れる仕組みがなければ、売上や利益を出すことはできません。そのために、マーケティングの仕事をする専門部署を設けている企業は多いです。消費者が購入してくれる商品を生み出すためのヒントになるのもマーケティング活動の良し悪しによるところが大きいです。自己満足で商品やサービスを作り出しても、全く消費者に受け入れられないような場合には、マーケティング活動を見直しことも重要です。商品、価格、販売する場所、プロモーション活動が大きなキーワードになります。最小限の費用で最大の利益を得るためには、消費者の行動分析などをすることも重要なことです。マーケティングリサーチの方法は多岐にわたります。自社の強みを活かせるように効率的なリサーチをすべきです。

効率的に商品を売る仕組みづくりのためのリサーチ

企業により強みや弱みがあります。基本的には強みを活かして、弱みを克服すれば事業は上手くいくのですが、経営環境が常に変革している現状ですと、企業自身も変革していかなければ、事業が成り立たなくなります。ヒット商品を開発して莫大な売り上げや利益を得たとしても、その商品の改良や、新商品の開発をしなければ、その商品は陳腐化してしまいます。従って、消費者がどのような消費性向を持ち、どのターゲットに人的、物的資源を投入したらよいのかということを考えなくてはなりません。アイデアは日常生活の中にたくさんあります。まずは、消費者に受け入れられる商品を常に模索し続けて、開発した商品をどのようなルートで効率的に販売すべきかということを、常に見直し、利益を上げることを考えるための方策がマーケティングリサーチです。

潜在的なユーザーを発掘するためのリサーチ

自社の商品を知ってもらわなければ、消費者が購入してくれるはずはありません。従って、大手の企業では、新商品開発前には、あらゆるマーケティングリサーチをしています。そして、売れると確信した商品は、テレビなどのメディアを利用して、大々的に宣伝をします。しかし、消費者を獲得するために有効な方法として、現在では、メディアから一方的に発信する情報よりも、自ら得た感想などSNSなどを通じて紹介する傾向にあります。いかにテレビで良く見る商品でも、実際に手にとってみようと思うまでにはかなりの時間もかかります。興味はあっても、なんとなく購入に躊躇っている潜在的なユーザーをいかに掘り起こすかということが重要です。そして、潜在的な需要を顕在化させるために、マーケティングリサーチを行うのです。